開発室

開発室では、ハードおよびソフトウェアを使った開発業務を行っています。各部門で発生する問題を分析整理し、情報の共有と発信、各分野におけるエキス パートスタッフの知恵を出し合い課題解決を図ります。近年設立した比較的新しい部署です。

画像処理ソフトの開発
Development of the image analysis software

画像処理ソフト

走行型画像計測車(MIMM)で取得したカメラ計測データの画像処理ソフト開発を行っています。画像合成やひび割れ解析などに使用しています。近年では、多種多様なカメラ製品に対応すべく日々開発を進めています。

AI学習による自動抽出
Automatic extraction by Artificial Insemination

AI学習による自動抽出

学習系AIのディープラーニング技術を用いて、従来人が行っていた作業をAI技術で自動化することで、業務の迅速化や効率化を図ります。MIMM画像からひび割れや設備物を自動抽出したり、他施設物で発生する損傷などを判定するためのソフト開発を行っています。

3Dレーザ点群解析
Analysis of 3D lazer dots

3Dレーザ点群解析

高精度レーザプロファイラで計測された、大容量3次元レーザ点群を解析するた めのソフト開発を行っています。レーザ点群の距離計測やコンター差分また判定解析などを行います。

ドローン業務開発
Development of Drone

ドローン

ドローンを活用した効率の良い点検手法の開発を行ってます。学校などの建物等や風車の羽根・ダム等の大型構造物等の点検に代表されるような、高所等の人のアクセスが困難で危険な箇所を、ドローンに搭載したカメラで撮影を行い、その画像をAIを用いた損傷箇所の抽出及び分かりやすく簡単に出来る報告書の作成の開発に取り組んでいます。

無線センサモジュール
Wireless sensor module

加速度センサ

MEMS素子を使用し3方向の加速度測定が可能です。測定はパソコン上で行い、数台の無線センサーを同時に起動させ測定することができます。定格容量及びサンプリング周波数についてはお客様の要望により変更が可能です。長期測定はもちろん持ち周り、短期間の測定にも御利用できます。

橋梁監視システム(異常時対応)

予め監視しようとする橋脚や支承部にセンサを設置しておきます。そして、センサ設置時を健全と見なし橋上を大型車両が通過する際に発生する振動を測定します。次に地震や洪水が発生した場合測定を開始し、健全時と被災時のデータを分析、比較し橋脚の被災程度や供用の有無を判断します。
システム構成は、加速度センサ・中継器・データ記憶装置を配置し、インターネット回線を利用しサーバーにデータを保存します。(株式会社 HMB で販売)

お問い合わせ ▼