『 ドローン 』
目視検査(空撮)

直接目視による検査や撮影が出来ないアクセス困難な場所を空撮します。
高所の目視検査,俯瞰画像撮影,赤外線熱画像撮影,狭所の検査など。
また独自の技術により広範囲の壁面等を撮影し,詳細目視可能な 1 枚の静止画へ画像処理を行います。

ドローン
Drone

PHANTOM4 Pro
(DJI社製)

MATRICE 210 RTK
(DJI社製)

MAVIC AIR(DJI社製)
球体ガード(PAUI)

機能
Function

赤外線カメラ

熱画像撮影により、コンクリート構造物の浮き・剥離や温度異常箇所の検出など様々な検査において、高い効果を発揮します。

ズームカメラ

遠距離からの撮影が可能になり、支柱腐食状況や設備の点検の際にも安全に進めることができます。

画像合成+損傷抽出

目視による画像処理を行い、損傷部分を可視化できるようにします。将来的には、AIで処理することを目指しています。

保険加入済み
国土交通省許可,承認済み(日本全国の人口集中地区,人,物件より 30m 以下,夜間,目視外)

特徴
Features

FPV機能

PC連携機能

複数回の
フライト可

高度150m

静止画・動画

高画質

光学ズーム

赤外線
サーモカメラ

▶︎リアルタイムに目視可能(FPV 機能)
▶︎PC へ取り込み更に詳細な確認が可能(最小検出可能ひび割れ幅 0.2mm)
▶︎空撮時間は1フライト 10~20 分程度で 1 日 4~6 フライト可能(気温,風速による)
▶︎高度は 150m まで可能(航空法によるが申請を行えば 150m 以上も可能)
▶︎目視結果を静止画保存,動画の保存も可能
▶︎静止画解像度 17 及び 20 メガピクセル, 動画は HD 及び 4K 録画
▶︎光学 30 倍ズームカメラにより対象物から離れて安全に飛行しながら高精細画像記録
▶︎赤外線サーモカメラにより温度分布による異常箇所の検出が可能

お問い合わせ ▼